スペイン語動詞の文法

【スペイン語動詞の基本】
動詞の語尾は3つだけ
スペイン語動詞の原形(不定詞)の語尾は、-ar, -er, -irの3つしかありません。現在形に関する基本的なルール(規則活用)を解説しています。

スペイン語で最重要の動詞
スペイン語にはbe動詞に相当する動詞が2つあります。中でも絶対に覚えなければならない動詞serを中心に学びます。

語根母音変化動詞とは
語根母音という少し聞きなれない言葉ですが、特定の母音が動詞の活用と合わせて変化する動詞があります。不規則活用に分類できますが、とても規則性の高い活用で、スペイン語の動詞では頻繁に登場するタイプです。

1人称単数形は不規則がいっぱい!
スペイン語の動詞において、不規則な変化が最もよく表れるのが、1人称単数形です。よく使われるからこそなのですが、いくつかは同じようなタイプも見られます。よく使われるタイプ動詞を中心に見ていきます。

再帰動詞って何?
はじめてスペイン語を学習する人にとって、聞き慣れない言葉の一つが「再帰動詞」ではないでしょうか。英語にはないこの動詞の考え方を即席で学んでいきます。